芙蓉スペシャルコンテンツ 立石流四間飛車の考案者 アマチュア強豪棋士 立石勝己
1/2

立石流四間飛車(たていしりゅうしけんびしゃ)とは?

アマチュア強豪の立石勝己氏が考案した戦法である。

その後、プロ棋士がこの戦法を採用し広まった非常に珍しいケースで、

立石氏はアマチュアでありながら、2004年の第31回将棋大賞の升田幸三特別賞を受賞した。

芙蓉警備将棋部
水戸ラーメン100店
アマチュア強豪棋士 立石勝己プロフィール
 

芙蓉グループ 元特別顧問(〜2016)

出身地 ● 福岡県

獲得段位 ● アマチュア5段

2014 第31回将棋大賞 升田幸三賞

他多数大会優勝あり

ライバル ● 特になし

通算成績 ● 100勝100敗

棋士にならなかったら何になっていたか ● カメラマン

将棋以外の趣味 ● 写真

第66回都名人戦 立石勝己 元都名人 追悼大会

 

優勝総額20万円(10万円+立石賞10万円)

予約受付開始 H29, 1/2より~

予選開始 平成29年1月15日(日)~2月25日(土)まで(先着256名締切)

予約方法 ①将棋道場で直接受付

     ②現金書留による受付

      ※②でのお申込みは、名前、住所、電話番号、希望日を明記して下さい

     なお電話での予約申込みはしません(電話で空き状況をご確認下さい)

予 選 日 平成29年1月15日~平成28年2月25日迄、下記日程で16回開催

     1/15(日)、1/21(土)、1/22(日)、1/28(土)、1/29(日)、

     2/4(土)、2/5(日)、2/6(月)、2/10夜(金)、2/11(土)、

     2/14(火)、2/17夜(金)、2/18(土)、2/19(日)、2/24夜(金)、2/25(土)

     *(2/10、17、24の金曜ナイター予選開始は午後6時 持時間20分20秒)

競  技 各予選トーナメント戦は、当日の午前11時より対局を開始します

     上記予選日に16名による予選トーナメント戦(*対局相手は当日抽選)

     予選、決勝トーナメント戦は対局時計使用(持ち時間30分30秒)

参 加 費 2000円(*参加者全員に、1,100円の本部道場の無料招待券を進呈)

予選会場 東京アマチュア将棋連盟本部道場 御徒町将棋センター

予選日は平成29年1月15日~平成29年2月25日迄

決 勝 平成29年2月26日(日)午前11時より 決勝戦 対局開始

    予選通過者16名によるトーナメント戦

 賞  優 勝 賞金総額10万円+立石賞10万円=20万円

    準優勝 5万円

    三 位 2万円

    四 位 1万円

    ベスト8賞

    ベスト16賞

会 場 東京アマチュア将棋連盟本部道 御徒町将棋センター

    〒110-0005 東京都台東区上野3-21-10  TEL/FAX 03-3835-4987、5817-3927

主 催 東京アマチュア将棋連盟将棋普及会/第66回都名人戦実行委員会(責)今西

後 援 日本将棋道場連合会 LPSA 埼玉県支部連合会 千葉県支部連合会

    株式会社ウィズ 株式会社FUYOU (株)宝島 蒲田将棋倶楽部

    北浦和将棋サロン 厚木王将 将棋サロン荻窪 所司一門将棋センター

審判長 日本将棋道場連合会 会長 (公益社団法人)日本将棋連盟 所司 和晴七段

大会要項PDFはこちら ⇒

立石流四間飛車がわかる本
 

週刊将棋「真・石田伝説(秘法)」

1992年7月 毎日コミュニケーションズ

小林健二「新スーパー四間飛車Ⅱ」

1992年7月 毎日コミュニケーションズ

1/6

小林健二「実戦!スーパー四間飛車」

1997年2月 毎日コミュニケーションズ

小林健二「力戦!スーパー振り飛車」

1997年8月 毎日コミュニケーションズ

小林健二「振り飛車奇襲戦法①

石田流・奇襲中飛車・立石流(将棋必勝シリーズ)」

2001年10月 創元社

藤井 猛「四間飛車を指しこなす本②(最強将棋塾)」

2000年5月 河出書房新社